My Sunshine & Little Stars わたしのタカラモノ in London

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧




急遽方針変更。手術キャンセルで自然分娩を待つことに・・・。

予定帝王切開のため、17日は朝早くから病院に行っていたのだが・・・。
何もしないまま、さっき家に戻ってきました。
ふ~~~~~~。

何があったかというと。

術前診察に来た産科コンサルタントドクター(外来とは違う女性のドクター)。
カルテを読んで、「帝王切開の方がずっとリスクが高いと思う」と言い出した。

つまり、通常帝王切開では恥骨の上方の皮膚を横に切って、子宮の下方、頚部近い方(このドクターによるとこの部分は壁が薄くて切開・縫合がしやすく、かつ出血が少ないという)を切開し胎児を娩出する。
が、私の場合。
ちょうどここに10cmの筋腫がドーンあるので、筋腫を切り込むことはできないから、もっと子宮の上方、体部を切らざるを得ない。となると、
1.体部は壁が厚く、出血が多い
2.胎児娩出後の子宮体部の収縮は弱い
3.私の場合、この部分、子宮体部前壁に胎盤が位置している→胎盤を切りこんで胎児に到達せざるを得ないのでかなりの出血が予測される
以上の理由により、大出血のリスクがかなり高く、最悪子宮全摘もありうるとのこと。

そして、内診をしたところ、胎児の頭が触れ(つまりかなり下がってきている&筋腫は障害になっていない)、子宮口は>1cm。つまり、自然経膣分娩できる可能性が高い。

というのが彼女の意見であった。

以前の外来の時点で、私も筋腫がちょうど通常の切開部位の近くにあること、胎盤が前壁にあることは承知していたが、その間をどうにか切るのかな~と思っていたのだが、問題は、実際にそのスペースがあるのか不確実であること、以前の外来で診察し、帝王切開しようと決めたドクターが術者ではなく、今日の当番、この女性のコンサルタントが執刀医であり、明らかに「手術したくないわ」オーラがでていたこと。

もちろん決めるのは私、なのだが、うーーーーーむ。
せっかく準備して来たのに・・・と悩みに悩んだが、

「NO]

が最終結論。

そんなわけでキューピーbabyを信じて、自然分娩に期待することになりました。
そんわけで、いつになるかわかりません。
本当に予定日どおりクリスマスに産まれることになるかもしれません。
これからは、もう怖れず動き回って早く陣痛が来ることを期待したいと思います。
ご心配いただきどうもありがとうございます。
[PR]



by marikology14 | 2010-12-18 00:44 | キューピーbaby

お腹で遊ぼう

f0221040_5281314.jpg

あと5日でこのでっかいお腹ともおさらばして元の体に戻れるかと思うとホント~に待ち遠しい・・・。
が、キューピーbabyが中でモゾモゾ動いたり、しゃっくりしたり、小さな足でキックキック攻撃、がなくなるのはちょっと寂しいような・・・。

f0221040_5432426.jpg
そんなわけで遊んでみました。
白線の色素沈着がすごいな。
[PR]



by marikology14 | 2010-12-13 05:43 | キューピーbaby

冬の散歩

f0221040_0545733.jpg

週末には気温が上がり(といっても3-4度)、雪もすっかり溶けてしまった。少しは運動もしたほうがよいので晴れ間の出た日曜日の午後にキューピー王子とアパートの周りを散歩した。

f0221040_0564412.jpg古くなったパンを持っていって、白鳥・カモ・ガチョウ・カモメなどの鳥にあげたりして楽しんだが、それにしてもカモメはすばしっこくて空中でパンをキャッチして持ち去ってしまうのでかわゆくない感じがするが、生存競争に勝つには必要な力なんだろう。カメラの性能(&腕の方もだが)に限界があるのできれいに撮れていないけれども、よく見ると白鳥(今年産まれたYoungstarなのでまだ羽に灰色っぽさが残っている)の口ばしには、のこぎりみたいなギザギザがついていることもわかった。
みなさん、たくましいのね。
[PR]



by marikology14 | 2010-12-07 01:05 | イギリス一般

雪、永住ビザ、停電

何でも海流の流れが変わって北からの寒波がイギリスを覆い、スコットランドではマイナス20度で大雪。ロンドンも今週はじめから雪がちらついている。

そんな中、まだ雪の影響が少なかった水曜日にHome Office(移民局)に永住ビザの申請に行ってきた。5年前にイギリス(ウェールズ)に来たときは、雇用主から発行される「労働許可証ビザ」をもらって滞在できたわけだが、これはもちろん期限限定(雇用契約が切れれば自動的に無効になる)。自分で仕事を変えることもできない。その後、ロンドンに移り、勤務先の病院でまた労働許可証を発行してもらい、有効期限が切れそうになる度にビザの延長申請をしなければならなかった(+しかも更新する度に10万円くらいかかるのだ)。

が、そんなこんなの状況も5年経つと「永住ビザ(正式にはSettlement)という」の申請権が与えられる。
これは英国国籍になるということではないが(そもそも日本政府は二重国籍を認めていないので申請するつもりもないのだが・・)、とにかく今後、ビザの心配をせずとも、どこで仕事をしようとしまいと、もしも病気やリストラで生活が困ったら生活保護の対象にもなるらしいし、というシロモノ。
実は2週間ほど前に一度出かけていたのだが、その際一つ書類が足りない!と言われて今日は2度目のチャレンジだったが、無事に合格。今回はキューピー王子にもついて来てもらって、雪の中でかけた甲斐があった・・・が、それにしてもこの2週間の間にまたまた申請費用を値上げ1095ポンド→1250ポンド(約16万円)は高すぎでしょう!!!
それでも、保守党に変わって移民数の制限が厳しくなってきているので法律が変わる前にこのビザを取れてよかった。

f0221040_19235452.jpg(アパートの窓から見た雪景色)
翌日は雪と凍結の影響でロンドンの電車や道路も大変不便なことになってしまっている。しかし、私は家でトド生活真っ只中~でぬくぬくとしていたら、あろうことか停電!家だけではなくこのエリア一画全て影響していたみたいだが、4-5時間で復活してよかった。一体何だったんだろう?

今日で37週。
あと2週間で手術。
[PR]



by marikology14 | 2010-12-03 19:33 | イギリス一般

ロンドンで医師として働き&子育てしながらの日々雑感ブログ
by marikology14
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
医療
イギリス一般
家族
キューピーbaby
食べ物
そのほか
Leo
きれいな場所・おでかけ
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

6 Peaks Challe..
at 2013-07-16 04:23
A Happy Father..
at 2013-06-17 04:35
クルマの次は、
at 2013-02-10 01:06
New Kitchen完成~!
at 2013-01-28 01:18
病気の他にも・・・
at 2013-01-26 01:03

ファン

ブログジャンル

画像一覧