My Sunshine & Little Stars わたしのタカラモノ in London

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧




出産の適齢期は?

27週。
先週スキヤキを食べて喜んでいたのもつかの間、翌日のカレーは吐いた・・・。うーむ。
ま、そんなこんなでどうにかやっていますが、最近顔の脂肪が落ちてきている気がする。妊娠前の体重と比べてどうにか1kgは増えたけど、やっぱりキューピーbabyに栄養を吸い取られているな、と思う。
こやつ、相変わらずとんとんキックしたりモゾモゾ動いたりしているが、最近はお腹がむにゅむにゅ動くのが見てわかるほどになってきた。まるでエイリアン映画の特撮を見ているかのようで、本当にわが身に起こっているのが信じがたい気分。
仕事も、どーーーにかやっているが、やはりきついのでちょっと早いがあと3週間したら産休に入ることにした。周りの理解(というか、イギリスではきちんと手続きを踏めば誰も文句は言えないのであるけれど)もありラッキー。

さて、前置きが長くなったが、先週BBCで面白い番組を観た。
28歳の女性レポーターがさまざまな年代の初産妊婦を取材したもの。ちなみに彼女自身も妊娠33週というヘビー妊婦。まずは、

Teenage Mum (ティーンエイジャーママ):15歳と17歳の妊婦にインタビュー。もちろんこの年代での妊娠は計画的なものではなく、避妊しなかったor避妊に失敗したというケース。しかもそろいもそろってパートナーは責任を取らず「僕は知らない」といって全く登場してこない・・・。15歳の女の子の場合はまだ母親がサポートしていたが、17歳の方は同じような境遇の女性たちと共同生活のようなものを送っていた。ちなみにイギリスはティーンエイジャーの妊娠率がヨーロッパ一高いのである。シングルマザーに対する社会保障のおかげで下手に共働きの若い夫婦よりも恵まれた金銭補助を受けられるというのも理由になっているような気がするが、金銭だけでは解決できないことも多々おるわけで、やはり、なんというか、心配であるな。

Young Mum(ヤングママ):22歳。生物学的は最も適した年齢。彼女の場合、超熱心なキリスト教信者で結婚するまでは性交渉は持たない主義。で、めでたくボーイフレンドと結婚してからの妊娠。周りにも祝福されていて幸せそうであった。この女性の場合、仕事はしていないようで専業主婦になる模様。ま、一つの完璧なシアワセの形といえるのであろうけれども、ご主人がいい人であることを願う・・・。

Average age Mum(平均年齢ママ):27歳。現在のイギリスの初産平均年齢。彼女はアーティストであり、自宅出産、しかも簡易プールを購入しての水中出産を選択。テレビでその模様も放映されたが、問題もなく比較的楽そうにポンっと出産。自己意思の強さと自信が感じられたな。私には到底無理そうですが・・・。

Perfectly prepared Mum(準備完璧ママ):30歳。仕事でもキャリアを積んで、5年越しの安定したパートナー、経済的にも精神的にも準備万端での妊娠。ブランドベビー用品を買う様子なんかも映っていたけれども、いやはや、その完璧さに恐れ入りましたです。

Carrer Mum(キャリア志向ママ):35歳。自分で会社を経営するというスパーキャリアウーマンママ。仕事もまだまだ手を抜きたくないが、子供を持つにはこの年齢と覚悟を決めての妊娠。もちろんプライベートホスピタル(全額自己負担の超高額病院)での出産予定で、出産後をプロの子守を雇って1週間で仕事復帰していた。どうぞその道を突き進んでいってください、としか言えませんね。

Old Mum(オールドママ):40歳(おー、まさに私のカテゴリー)。彼女の場合、ま、その機会が訪れるのがたまたま遅かったということでの妊娠。ご存知のように母体年齢が高くなると妊娠出産のリスクが高くなる。彼女の場合、ダウン症のリスクは5分の1とハイリスクであったが、妊娠継続を決意。しかも、胎盤機能が悪く赤ちゃんの成長が順調にいかなくてなんと28週での超早産。11週間も保育器に入ることになったが、最終的には無事退院。ダウン症でもなくて、よかったよかった。

Last hope Mum(最後の望みをかけてママ):46歳。35歳で結婚して37歳から不妊治療。現在のイギリス国民医療では不妊治療の適応は確か38歳くらいなので、それを超える年齢の場合は全額自己負担。イギリス国内外を合わせ、6回の不妊治療、人工授精を試みるもことごとく失敗。が、最後と思った治療で双子を妊娠。現在26週。今後の無事の経過をお祈りします。

という具合。
生殖医療の進歩やさまざまなライフスタイル、価値観のおかげでいろいろな選択があるわけでが、正直な感想はやはり20代後半から30前半くらいが母子ともに最も安定した適齢期のように思う。
が、私自身がそうであるように、その範疇に入らないことも起こりうるわけで、あとはもう天命と自分で切り開いた運命を信じてやっていくしかないなと思う。もちろん、子供をもたない選択もあるわけで、どちらにもそれぞれのよさと大変さがあるので、まったくもって難しいことであると思う。
[PR]



by marikology14 | 2010-09-25 17:54 | イギリス一般

スキヤキ

平日の夕食は作るパワーがないので、オーブンに入れるだけ料理とか、キューピー王子を指導しながら焼きそばを作るとか、という手抜きをしていますが、昨日は土曜日だったので、前から食べたいなあ・・・と思っていたスキヤキを作ることにした。

日本食材店で貴重な「薄切り」牛肉(こちらのスーパーには「薄切り肉」というものが売ってないのです)、お豆腐、しらたきをゲット。野菜は葱、チンゲンサイ、マッシュルームとちょっと変だけど、まあいいや。
本来なら生卵をつけながら・・だが、こちらでナマ卵を食べるのはやや勇気がいるので(サルモネラ感染の報告とかあり、とくに妊娠中には禁忌とされています)、そのまま食べることにした。
炊きたて日本米と一緒に食べて、シアワセ気分。

幸いキューピー王子も大概の日本食は食べれるのでスキヤキもパクパク食べていた。が、唯一好きじゃないのが「お豆腐」。「味がない」というのが理由らしい。なので、案の定、牛肉ばっかり食べていた・・・。

ご飯にふりかけをちょっとかけてあげたら気に入ったらしく、「もっとSprinkle(撒くもの、ふりかけるのも、という意味)かけて」とリクエストしてた。まるでお子様である。
[PR]



by marikology14 | 2010-09-19 17:54 | 食べ物

ダブル攻撃

25週。
つわりは、まあ、今週は一回しか吐かなかったから回復傾向にあるといえるが、しかし、吐き気・ゲップ・胃もたれ・不眠・倦怠感は相変わらず続きますねえ・・・。夕方以降、ウルトラマンのレッドライトが点滅するかのごとくエネルギーレベルが急激にダウンします。

それに加え、最近はキューピーbaby、キック、あるいはパンチ、そしてあるときはでんぐり返~り攻撃を覚えたらしく右わき腹、左わき腹、ときに下向きに膀胱キックを見舞ってくれる・・・。

キューピー王子といい、キューピーbabyといい、先が思いやられるんですけど(涙)。

f0221040_385868.jpg
おまけに最近、でべそにもなってきたし・・・。
[PR]



by marikology14 | 2010-09-13 03:06 | キューピーbaby

20年物の・・・・・

「僕には耳垢は出ないんだ」
と言って、普段耳かき掃除をする私を不思議そうに見ていたキューピー王子。
しかし最近、「左耳が詰まったのが治らない」と言ってきた。

「耳垢が詰まってるんじゃな~い?」と言うと、「そんなことはないはずだ」とあくまでも言い張っていだが、さすがに1週間以上も詰まりが治らないと、「実は・・・」と、20年前にもそんなことがあって、GP(家庭医)に行って看護婦さんからデッカイ注射器で耳に水を入れてもらって治した、と白状してきた。

で、私にも同じ方法をやってくれと言う。
そんなこと日本では聞いたことも、したこともなかったが、しょうがないので病院から注射器を持って帰ってきて生理食塩水を左耳に注入。水をちょっと温めたりして数回トライしたが、詰まりは取れず。

業を煮やして、ペンライトで耳を覗いてみると、まず、キューピー王子の外耳道は細い。で、奥の方に何やら茶色いものが見えたので、耳かきでちょっとずつひっかいてみると・・・・・

f0221040_15554144.jpg
出た! 20年物の耳垢!こげ茶色の耳垢なんて見たことない!
(お見苦しい写真で失礼します)

しかし、取れるだけとってはみたものの、耳の詰まりは治らず。きっとまだ奥の方にもあるに違いない。
日本ならすぐに耳鼻科に駆け込めるものの、ここでは、まずGP(家庭医)に行ってそれから必要に応じて専門医(耳鼻科など)に紹介されるがきっと時間がかかるだろうなあ・・・と思うが、でも、しょうがないものはしょうがない。

「GPに行け」
と勧めるも、本人まだ諦め切れない様子。

「そういえば、昔、耳鼻科に行ったことがある」というので、いつ行ったの?と聞いたら、
「6歳くらいの頃、ビー玉を鼻の穴につっこんで取れなくなって、親に耳鼻科に連れて行かれた。」とのこと。

う~む。
今回、私が耳鼻科に連れて行かなくちゃ行けないのだろうか・・・。
[PR]



by marikology14 | 2010-09-10 16:01 | 家族

8月も終わり、いよいよ9月。
とっくにイギリスの夏は終わっていると私は感じているのだが(だって、最高気温が20-22度くらいしかないんだもん)、イギリス人は認めたがらない。晴れている以上、「まだ夏だ」と主張している。

日本は未だ30度を超える暑さとか。
そんな中、先日日本の友人からキューピー王子にプレゼントが届いた。

「甚平」

f0221040_1671271.jpgさっそく着せてみる。恥ずかしい、などと最初はのたまっていたが、写真をとるよ、というとポーズを決めてなかなか嬉しそうである。サイズもピッタリ!
本当にありがとうございました。

なので、一応、まだ「夏」ということにしておこうと思います。
[PR]



by marikology14 | 2010-09-03 16:08 | イギリス一般

ロンドンで医師として働き&子育てしながらの日々雑感ブログ
by marikology14
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
医療
イギリス一般
家族
キューピーbaby
食べ物
そのほか
Leo
きれいな場所・おでかけ
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

6 Peaks Challe..
at 2013-07-16 04:23
A Happy Father..
at 2013-06-17 04:35
クルマの次は、
at 2013-02-10 01:06
New Kitchen完成~!
at 2013-01-28 01:18
病気の他にも・・・
at 2013-01-26 01:03

ファン

ブログジャンル

画像一覧