My Sunshine & Little Stars わたしのタカラモノ in London

長かった一週間

大反省。

先々週末、キューピー王子のご両親の金婚式のお祝いでChurch Strettonに行き、楽しい時間を過ごして月曜日にロンドンに帰ってきた。その日はロンドンでは珍しく33度で確かに車の中はちょっと暑かったけど(もちろんエアコンもつけていた)やけにキューピーbabyのご機嫌斜め・・・。午後妙に体が熱いので熱を測ったら38.5度。
むむ~。車の中でもしっかりミルク飲んだから熱射病は考えにくいし、かといって鼻水も咳も嘔吐下痢もないし・・・。と様子見。

夜になり、39.0度。多少ぐずっているけど、これってもしや、ついにきた!?
「突発性発疹」
と思った。
翌日火曜日午前中、念のため家庭医GPに連れて行ったけど、耳、喉、胸部聴診上問題なしで様子を見て、と言われた。ちなみに「突発では?(英語の診断名が出てこなかったので、ヘルペス6型感染と聞いてみた)」と聞いたら、「それ知らない」と言われたのには驚いたが・・・。
家に帰ってネットでさらにサーチ。

突発性発疹
多くは母体からの移行免疫がなくなる6ヶ月以降2歳くらいまでの間に発症。それまで元気だったのに急に39-40台の高熱を出すが、機嫌もまあよく、他に症状が少ないのが特徴。軽い咳や下痢を伴うこともある。熱は3-5日でおさまり、解熱とともにあるいは半日から一日後に発疹がでてくる。発疹は2-3日で自然消退、めでたし完治。

水曜木曜と39-40までの熱が出たり、下がったり。金曜にはまだ38度台あるけど、熱以外には離乳食を食べないくらいでミルクや水分はとれているし、機嫌がいいときには遊んだりしているしなあ・・・。
土曜日(6日目)、まだ37-38度をいったりきたり。突発にしては、長いな・・と心配になってくる。ちなみにイギリスのサイトでは、突発性発疹は「Roseola 」とか「Sixth Disease」とかで呼ばれている。熱は3-7日間と記載してあるものが多かった。もう一日待ってみるかな・・・。

日曜日(7日目)まだ38度台の熱があるし、寝たり泣いたりを繰り返し機嫌悪し。この時点で、NHSダイレクト(救急電話相談)に電話し、ナースに事情説明したところ、当番ドクターと話したほうがいいと思うので、2時間以内(!)に電話がかかってくるようにするから待ってて、といわれる。しかし実際は20分くらいで電話があり(全国規模の当番制なのか?なんとその当番ドクターWocecter州から電話していると言っていた)経過を説明したら今日病院で診てもらってもいいし、明日まで待って家庭医GPでみてもらってもいいと思うけど?と言われたので、迷わず今日診てもらいたいと言ったら、この地域のK 病院の時間外外来を予約してくれた。

K病院に連れていくと、小児科の当直医が出てきてくれて診察。
結果は、咽頭の発赤と白斑(膿)、脇腹のあたりにうっすらとだが粟粒大の発疹ありで、細菌性咽頭炎が最も考えやすいとのこと。日本だったら、即溶連菌テストをするところだろうが、そこまでの検査はなく(つまり、症状だけでも診断できるくらいの典型的だったのかなあ・・・。あるいはやはりイギリスNHSではそこまでしないのか・・・)ペニシリン系の抗生剤を10日処方された。2日経っても解熱しなかったら、救急外来に来るように、で終了。

溶連菌感染症
溶血性連鎖球菌が、喉などに感染して起こる病気。赤ちゃんがかかることは少なく、幼児から小学生くらいの子供の間で、流行しやすい病気。症状としては、喉の痛みと、38度以上の高熱があり、普通の風邪のような咳や鼻水などは少ない。喉が真っ赤にはれて、1、2日たつと、全身に赤い発疹が出る。舌にも発疹ができて、いちごのように赤くなることもある。以前は、「猩紅(しょうこう)熱」と呼ばれ伝染病の扱いをされていたが、現在では、抗生物質が開発されて、薬でよく治るようになり伝染病のような扱いはされなくなった。主にペニシリン系抗生剤で、1-2日で発熱や咽頭痛は改善するが、溶連菌感染症は、抗生物質でしっかり対処しておかないと、腎炎、リウマチ熱、紫斑病などの合併症が起こることもあるため、薬は10日間はしっかり服用しなければならない。


日曜だったので、当然ながら(はあ~とため息)病院の薬局は閉まっていて、街に戻り、夕方5時前に急いで私だけ薬局に走り抗生剤をゲット(これが夜間だったら・・・と思うとオソロシイわ)。
夕方から抗生剤を始め、月曜明け方また一度熱発したが、その後は今のところ落ち着き、バナナを食べて、今ぐっすり眠っています。

とにかく、原因がわかって一安心したものの・・・・・。
私がてっきり突発性だとばかり思い込んでいたばかりに診断が遅れてしまった・・・。
ごめんよ、キューピーbaby。
早く良くなれ~!!!!!

反省点と今後
・小児科領域はド素人なんだと肝に命じること。
・といっても、咽頭所見くらい自分で見れるように舌圧子をアマゾンで買った。
[PR]



by marikology14 | 2011-07-04 18:50 | Leo

ロンドンで医師として働き&子育てしながらの日々雑感ブログ
by marikology14
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
医療
イギリス一般
家族
キューピーbaby
食べ物
そのほか
Leo
きれいな場所・おでかけ
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

6 Peaks Challe..
at 2013-07-16 04:23
A Happy Father..
at 2013-06-17 04:35
クルマの次は、
at 2013-02-10 01:06
New Kitchen完成~!
at 2013-01-28 01:18
病気の他にも・・・
at 2013-01-26 01:03

ファン

ブログジャンル

画像一覧