My Sunshine & Little Stars わたしのタカラモノ in London

Oxford出身のドクター

前回オックスフォードを訪れたことについて書いたが、そういえば同じ乳癌チームの腫瘍科コンサルタントにオックスフォード出身のDr Sがいる。彼はまだ30代後半か、せいぜい40くらいで見た目は小柄で痩せ型。そして ”エキセントリック” である(ナーバスになるとよく手がプルプル震えていたりもする)。働き出して間もない頃に彼から血清サンプルのコレクションを頼まれたときに、保存条件のクオリティを聞いたところ、どういうわけか燗にさわってしまったらしくすさまじい論調のメール攻撃&電話がかかってきてそれはそれは驚いたことがあった。・・・・が、どうも誤解は解けたようでその後はよくしてくれている。その後の観察からは、確かに変わっているけれども(ま、「普通の人」の定義の方が難しいですよね)、コアな部分は純粋で、でも外側を超理論武装しているような、そんな感じだろうか。

英語社会においては、「しゃべる能力」がとても大事にされていると思う。演説などその最たるもの。このDr Sもさすがオックスフォード、というか、カンファのときなどジョーク(ブラックジョークが多いが)を交えながらの会話は本当に多分野にわたる。もっとも、私の英語能力の問題から、残念ながらたぶん言っていることの半分くらいしかわかっていないと思うけれども、とにかく英語を自由に操れるという典型のような人だなあと思う。

f0221040_5502725.jpg

専門は癌分野に収まらずエイズなどの感染症分野の研究論文も多く、その数300は超えているそうな。しかも、NatureやLancetなど一流誌がゴロゴロ。そのDr S、今日から晴れて "Professor" の称号を得たそうだ。このままピュアな面をなくさずに "エキセントリック” を邁進して欲しいと思う。

写真はオックスフォードの心臓部、Bodleian Library ボードリアン図書館から出てきた男性。キューピー王子 「あの風貌は絶対プロフェッサーだよね~」と笑っていた。
[PR]



by marikology14 | 2010-04-27 05:52 | 医療

ロンドンで医師として働き&子育てしながらの日々雑感ブログ
by marikology14
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
医療
イギリス一般
家族
キューピーbaby
食べ物
そのほか
Leo
きれいな場所・おでかけ
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

6 Peaks Challe..
at 2013-07-16 04:23
A Happy Father..
at 2013-06-17 04:35
クルマの次は、
at 2013-02-10 01:06
New Kitchen完成~!
at 2013-01-28 01:18
病気の他にも・・・
at 2013-01-26 01:03

ファン

ブログジャンル

画像一覧